我が家のガーデニング2009 暖色系の花

スポンサードリンク
  健康は心の癒しから〜TOPガーデニングTOP暖色系の花         2009年の春から夏 我が家の庭
        2006我が家の庭  2006観葉植物  2007植物達    2008赤黄色系の花  2008ピンク紫系の花  2008観葉植物たち
今年は去年の花と組み合わせたり、株を植え替えたりしました。
  春から夏の終わりにかけての我が家のガーデニングを紹介致します。         2009 紫ピンク系の花
去年の鉢にマリーゴールドを追加して寄せ植えをしました。

赤のデージーと黄色のポリアンサとマリーゴールド
右の鉢のオレンジ松葉ギクは乾燥気味にして毎年咲いてくれます。
             マリーゴールド

マリーゴールドは、キク科タゲテス属の一年草で、夏〜秋まで花を楽しめます。日当たりが良く風通しの良い場所で、水やりは土が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料は週に1回くらいの割合で液体肥料を与えます。枯れた花は小まめに切り落とすと次々と咲いてきます。
7月にはマリーゴールドがどんどん増えてきたのでポーチュラカと赤のバーベナを追加して寄せ植えをしてみました。

この時期はナメクジが付きやすいので、ナメクジを除去する薬を土の上に置きます。
              ポーチュラカ

ポーチュラカは4月〜10月くらいまで咲きます。乾燥に耐える植物です。日当たりの良い場所で、水やりは渇き気味にしましょう。
            スクテラリア・コスタリカナ

シソ科のスクテラリア属で、花の形が王冠に似ているので「女王の木」とも呼ばれています。開花時期は6月〜8月くらいで、夏は半日陰になる涼しい所に置いて、15℃以下になったら室内の暖かい場所に置いてあげます。
土が乾いたら水やりをして、生育中は、定期的に緩効性化成肥料を与えます。
     カリフォルニアローズ・フィエスタ ルージュ

学名:Impatiens walleriana ツリフネソウ科ツリフネソウ属、熱帯アフリカ原産の日本では一年草扱いされている植物です。花期は4月〜11月と長く楽しめますが、夏の直射日光と加湿には弱く半日陰の風通しの良い場所に置きます。水は切らさないように毎日あげます。咲き終わった花はまめに摘んで、枝が伸びたら刈り込み肥料をあげます。
                スーパーベル レッド と ユーフォルビア ダイアモンドフロストの寄せ植え
     2種類の花を組み合わせた寄せ植えポット

      6月に2種類の花を組み合わせた寄せ植えポットを購入
              スーパーベル レッド

スーパーベルは、ナス科カリブラコア属で南アメリカ原産の植物です。
色の種類も多く花枯らをこまめに摘んであげるとボリュームが出てきてとてもゴージャスになり暑さや雨にも強く春から秋まで楽しめます。一日中日の良く当たる場所に置いて水はたっぷり与えます。肥料は週に1回〜2回くらいの割合で液体肥料を与えます。
       ユーフォルビア ダイアモンドフロス

ユーフォルビア ダイアモンドフロストは、トウダイグサ科ユーフォルビア属でメキシコ原産の植物で白い小さな花が次々と咲きます。寒さには弱いですが(最低気温5℃まで)、夏の暑さには強く春から晩秋(4月〜11月)までの長期に花を楽しめます。肥料は週に1回〜2回くらいの割合で液体肥料を与えて、水は毎日たっぷり与えます。
8月にはボリュームたっぷりの鉢になりました。
この2種類は夏の暑さに強いので毎日たっぷりの水やりと、月に1〜2度の緩効性肥料を与えるか、週に1〜2回に液体肥料を与えると小花が次々と咲いて美しいです。
                                                   このページの先頭へ戻る
スポンサードリンク
>> 健康は心の癒しから〜TOP >> 健康入浴 >> 健康運動 >> 健康食生活 >> 健康栄養辞典 >> 健康食品サプリメント
>> 健康と癒しの睡眠 >> ガーデニングで健康と癒し >> 06我が家の庭の花たち >> 06我が家の観葉植物たち
>> 07我が家の植物たち >> 08ピンク紫系の庭 >> 08赤黄色系の花 >> マッサージで癒される >> ペットで癒される
>> アロマオイル・お香の香りで癒される >> 音楽で癒される >> 癒しの音楽CDを紹介 >> 水晶で癒される >> おかげ横丁
>> パワーストーンコレクション >> パワーストーンの浄化法 >> 2009年外宮 >> 2009年内宮 >> 別宮 風日祈宮
>> 2009年猿田彦神社 >> 月読宮の癒しとパワー >> 2008年月読宮参拝 >> 癒しのスポット伊勢神宮
Copyright(C)健康は心の癒しからAll rights reserved