我が家のガーデニング2009 紫ピンク系

スポンサードリンク
  健康は心の癒しから〜TOPガーデニングTOP紫ピンク系の花        2009年春から夏 我が家の庭
      2006我が家の庭  2006観葉植物  2007植物達    2008赤黄色系の花  2008ピンク紫系の花  2008観葉植物たち
今年は植え替えとカンパニュラを追加しました。    2009暖色系の花
        カンパニュラ ブルーベービー
カンパニュラ ブルーベービーは、ヨーロッパ原産のキキョウ科の宿根多年草です。低温に強く日当たりの良い場所を好みます。夏期は日陰の涼しい場所に置き、冬期は外に置いて低温に充分あてると春には新芽が伸びて6月頃から花を咲かせます。※冬に上部が枯れても全く問題ありません。
            カンパニュラ ジューンベル
日当たりが良く雨のかからない場所に置いて、咲き終わった花はまめに摘みます。開花期は6月〜7月、花丈は10cm位で次々と咲いてきます。夏は風通しは良く涼しい場所で管理しましょう。冬は0℃以下でも大丈夫です。
      イベリス タホ とカンパニュラ メリーベル
今年はイベリスとメリーベルを組み合わせてみました。
宿根イベリスは、寒さには強く暑さにはやや弱い白くて可愛い花で、今年は茎が太くなりました。
        アズーロ コンパクト スカイブルー
アズーロ コンパクトはキキョウ科ロベリア属で4月〜10月くらいまで可憐な小花が楽しめます。日当たりを好みますが、盛夏時には半日陰に置きます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えますが、蒸れに注意しましょう。
              今年(2009年)のアルペンブルー&ボロニアシドニー&ペチュニアの寄せ植え
      5月アルペンブルー&ボロニアシドニー
           &ペチュニアの寄せ植え


今年のペチュニアは「ほおべに」という品種名で、花つきが良く雨による株傷みも少ないので寄せ植えにも最適です。春から秋まで鮮やかな花が楽しめます。

ボロニアシドニーもグングン大きくなり、アルペンブルーは沢山の花が咲きだしましたが、上へ上へと伸びてしまい、バランスが悪くなってしまいました。去年の夏の管理が悪かったのだと思います。
  カリフォルニアローズ・フィエスタ スーパークラーチェリー

カリフォルニアローズフィエスタはツリフネソウ科ツリフネソウ属で、インパチェンスの仲間です。熱帯アフリカ原産で4月〜11月の花期で日本では1年草扱いです。元肥はしっかり与えて、月に1〜2回追肥します。水やりは春と夏は多めに与えます。
アブラムシやナメクジに注意し、夏は半日陰のところに置きます。咲き終わった花はこまめに摘み、枝が伸びたら切り込み化成肥料を与えます。
      ボロニアシドニーを植え替えて
     カリフォルニアローズ・フィエスタを追加


ボロニアシドニーが大きくなり過ぎたので植え替えてカリフォルニアローズフィエスタ 「スーパークラーチェリー」を寄せ植えしました。相変わらずアルペンブルーは日の当たる方向とは逆に伸びていきます。
          ボロニアシドニー

1年で3倍以上に成長しました。寄せ植えにしていましたが、別の鉢に植え替えました。ボロニアシドニーは、オーストラリア原産の植物でミカン科の植物で、ミカンの香りがする葉っぱは常緑なので、冬でも緑色の葉を付けているので一年中楽しめます。風通し、日当たりの良い環境を好み、排水性の良い土にします。
   ミリオンベル  コスモスピンク と シフォンブルー

ミリオンベルはナス科のカリブラコア属の1年草で4月〜10月までの花期です。植え込み後に、枝先を切ったので沢山の花を咲かせましたが、シフォンブルーの方がナメクジにやられて遅れをとってしまいました。日の良く当たる場所で乾燥気味を好みます。肥料は液肥を週に2回くらい与えます。
          2009年春  ダブル(八重咲き)ペチュニアとシルバーフォールの寄せ植えをしてみました。
6月に薄紫の八重咲きペチュニアとシルバーフォールの寄せ植えをしてみました。
7月にはダイコンドラ シルバーフォールの株丈が購入時より15cm以上は伸びました。
        ダブルペチュニア ドレスアップ
タイキ育成のダブルペチュニア ドレスアップ ラベンダーです。
日当たり、水はけ、風通しのよい場所が最適で、雨がかかりにくい場所で育てます。枝が横に広がり大きな株になります。開花期は4月〜11月と長い間楽しめます。枝が伸びすぎて形が乱れてきたら、葉と芽を4〜5節残して切り詰めて追肥をすると、すぐに新しい枝が伸びてきて再び花が咲きます。
      ダイコンドラ シルバーフォール
ヒルガオ科のダイコンドラ属の一年草で、ほふく性があります。
風通しの良い日なたで、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。肥料は、緩効性肥料を月に1回か液体肥料を週に1回与えます。
                                                   このページの先頭へ戻る
スポンサードリンク
>> 健康は心の癒しから〜TOP >> 健康入浴 >> 健康運動 >> 健康食生活 >> 健康栄養辞典 >> 健康食品サプリメント
>> 健康と癒しの睡眠 >> ガーデニングで健康と癒し >> 06我が家の庭の花たち >> 06我が家の観葉植物たち
>> 07我が家の植物たち >> 08ピンク紫系の庭 >> 08赤黄色系の花 >> マッサージで癒される >> ペットで癒される
>> アロマオイル・お香の香りで癒される >> 音楽で癒される >> 癒しの音楽CDを紹介 >> 水晶で癒される >> おかげ横丁
>> パワーストーンコレクション >> パワーストーンの浄化法 >> 2009年外宮 >> 2009年内宮 >> 別宮 風日祈宮
>> 2009年猿田彦神社 >> 月読宮の癒しとパワー >> 2008年月読宮参拝 >> 癒しのスポット伊勢神宮
Copyright(C)健康は心の癒しからAll rights reserved